「 生活・環境 」一覧

「こつこつ」と無理なく貯金

”ちりも積もれば…”という言葉にあるように、
少しの金額でも継続して貯めることで気が付いたら結構な額になっていた!

そんな”ちりつも貯金”のススメをご紹介します!

その1『銀行の手数料はバカにならない!』

手持ちがなくなったらその都度銀行に行って出金する。
これを何度も繰り返すほどもったいないことはありません!
銀行に行くのは出来れば月に1度だけ!それも手数料の掛からない営業時間内がベストです。
後はその予算でやりくりできるように努力すれば、自然と節約しようという気持ちになるはずです。

その2『コンビニに行かない!』

24時間開いていて街のあちこちにあるコンビニ。
確かに急に必要なものを買いにいくには便利ですが、ご存じの通り魅力的な商品も沢山。
特に、女性にとっては美味しそうなスイーツやドリンク類など誘惑するものが溢れていますよね。
そしてついつい手が伸びて…また買ってしまった、という経験がある人も多いと思います。
これも、数百円程度の額ですが繰り返すうちにお金は減って無駄なぜい肉が増えちゃった!って事になりかねません。
コンビニはふらっと立ち寄るのではなく、必要な時にだけ行って必要なものだけを購入する!
これを徹底しましょう。

その3『つもり貯金』

個人的に、モチベーションが上がると思うのがこの『つもり貯金』です。
節約したらその分をしっかり貯金箱に入れて確保しておくことで、他で無駄遣いしてしまう事を防ぎましょう!
透明な瓶などに入れて中身が良く見えるようにしておけば、達成感も手伝ってますます『つもり貯金』したくなるはず。
ある程度たまったら銀行へGOです。

その4『小銭を整理する』

毎日夜寝る前に、お財布の中の小銭を貯金箱に移してキレイに整頓する癖をつけてみるのもおすすめ。
全て入れるのではなく、『500円玉以外』とか自分なりのルールを決めておくのがポイント。
苦しくない程度にしておくのが継続のコツです。

いかがでしたか?
一気に貯金しようと思うのではなく、毎日コツコツと小額でもいいから”確実に”貯める方法をご紹介しました。
早速今日から試してみて下さいね。

ところで、iphone7の情報が発表されましたね。
iPhone7が予約開始!ついに防水、FeliCa対応!カメラも大幅スペックアップ!
かなり魅力的な商品ですが、購入の際は本当に必要かどうか、どのように購入すると一番安いか、など十分に検討することで、無駄な出費を防げます。


酒税が一律55円に!?

お酒を飲まれる方にはちょっと気になるニュースが入ってきました。

なんでも…お酒にかかる税金、いわゆる酒税が一律55円になるとの案が出ているそうです。一律55円と言ってもよく分からない方が多いと思うので説明します。

今現在の酒税は以下の通りになっています。

ビール…77円
発泡酒…47円
第3のビール…28円

これまでビールを販売する飲料メーカー各社は、酒税が引き上げられる度に麦芽比率などを落としながらも味をビールに近付けた発泡酒や第3のビールで対抗してきました。政治と企業のいたちごっこだった訳ですが、しかし、これによって消費者はかなり恩恵を受けたと思います。

そんなジャンルで分けられている現在の酒税を一律55円にしてしまうという、これまで飲料メーカーが頑張ってやってきたことを水泡に帰すような荒業をしようとしている訳です。

これまで高いビールが飲めず発泡酒や第3のビールを飲んでいた貧困層は価格が上がり、ビールを飲んでいた富裕層は価格が下がる訳です。

なぜこんなことをするのでしょうか。
今のままで良いと思うのは私だけではないでしょう。
全くこの法律の意図が分かりません。

そうでなくても、円安などによる食材価格の高騰、消費税増税などで一般家庭は大変だというのに、ささやかな楽しみであるお酒に対しなぜ意味のない一律55円などするのでしょうか。

本当に分かりませんね…。
ビールを飲む政治家にとっては良い法律ですが、
発泡酒や第3のビールで頑張って日々生活をしている人にとってははっきり言って悪法です。

もう少し国民がやる気になるような法律改正をして欲しいものです。
国民のテンションを下げて一体全体何がしたいのか…本当に分かりません。


新電力ブームの到来!?

今日のニュースで全国の都道府県の半数が新電力に切り替えた、もしくは切り替えるという記事がありました。

そもそも新電力とはなんぞやということですが、これは工場で余った電力だったり、自家発電などをしているところが電気を売ったりして集めた電力のことを言います。

最近になって電気を売る…なんてニュースを見たことがありませんか?あれがまさに新電力です。仮に自分の家でも電気を作ったとして、それを売ったとしたら新電力の一部となって使われる訳ですね。

福島の原発事故により莫大な損害を出し、それが影響して電力が上がったことと同じようなタイミングで、今度はこれまでより安い新電力の参入ということで、既存の電力との価格差は開く一方です。

これまでの電力というと独占市場だったので安くする必要もなければ、働いている社員も準公務員と言われるなどし安定し、且つ年収1000万円超えなんかが当たり前と言われてきました。

しかし、その神話もこの新電力の参入で崩壊しそうですね。
ましてや、最近になって東京電力の早期退職者の応募を募ったら1000人を超える応募があったそうですし…。社員ももう電力会社は厳しいと感じているのかもしれませんね。

でも、まだまだ日本の電力の主であることは間違いありませんし、いきなり傾くということはないと思いますが、今のドコモと同じで、ようやく本当の意味での民間企業になっていくのだと思います。

消費税も8%になり、今後は10%も視野に入れている中、こういった電力などを安くするなどして少しでも生活コストを還元して欲しいものです。

ここ数年で日本は大きく動いていますね。

ドコモの通話の定額や新電力など…これまで誰も寄せ付けない王者だった企業がやっと市民の言葉に耳を傾けてくれる時代が来たのかもしれませんね。


AKB襲撃事件がもたらす業界への懸念

先日、人気アイドルグループであるAKB48の握手会で、そこに来ていた若い男性がアイドルに襲撃するという事件が起きました。

軽傷で済んだものの、若者が持っていた武器がのこぎりのような物であり、骨折や裂傷などの傷を負ってしまいました。

当事者であるアイドル2人のメンタル的なものも心配ではありますが、それよりも心配なのはこの事件による業界への影響です。

少し前に起こった秋葉原での無差別殺人事件…あの影響で一時期駅羽原の歩行者天国が中止になったことは記憶に新しいと思います。事件があったのだから歩行者天国は中止にするのは当たり前だ…というのはごもっとおな話ですが、それで商売をしていた人たちにとっては大きな打撃になりました。

歩行者天国が中止になったからと言って誰かが営業補償をしてくれる訳ではありません。あの事件によって生計そのものを乱された人も被害者なんです。

そこに来て今回の事件…地方の握手会という小規模なものではありますが、これからの地方の握手会において今までのようにはいかなくなります。

地方にとって人気グループのアイドルが来るということは経済的に大きな意味があり、今回の事件によってそういうところにも影響が出るんです。

景気が今復調している中で本当に余計なことをしてくれたという印象です。

今後このようなことが絶対にないようにしてもらいたいですね。

握手会をする前に持ち物チェックをするのは当たり前の時代になると思います。

平和に景気が回復していくのを祈るばかりです。
本当にこのような事件はあってはならないですね。

当事者の2人も早く回復してくれることを祈っております。