歯磨きは指に限りますね!

皆さんは、自分の歯の健康に気を遣っていますか?意識して歯磨きしていますか?
歯が黄ばむのはみっともないとか、口臭は自他共にイヤ、というのは多くの人が思っているでしょう。でも、歯茎の健康も含めて、歯周病にならないように気を付けている、と胸を張って言える人は少ないのではないでしょうか?
意識せずにおざなりな歯磨きしかしていないと、歯垢がどんどんたまっていって、歯石となっていきます。

歯茎の中にもたまっていきます。

そして、虫歯でもないのに歯がポロッと抜けて驚かされる、ということになります。
なので、歯垢がたまらないように磨くのが大事、ということになります。歯を磨く、というよりは、歯と歯茎との間を攻める、という感じで磨くことが大事になります。歯を磨く、という意識だと、歯に対して90度の角度で歯ブラシの先を当てて磨くことが多いと思いますが、歯垢がたまるのを防ぐつもりで磨くのであれば、歯ブラシの先を当てる場所は歯と歯茎との境目、そして当てる角度は45度が良いそうです。
ですが、それまで漫然と間違った歯磨きの仕方をしていると、歯ブラシを当てる角度を90度から45度に変えること、歯ブラシを当てる場所を歯から歯と歯茎との境目に変えること、というのが意外に難しいのです。

習慣というのは恐ろしいものです。歯ブラシの植毛部が長過ぎたり、幅があり過ぎても、なかなか肝心の場所を磨けないのです。

そんな時、究極のツールとなってくれるのが、なんと自分の指なのです。自分の口の中に指を突っ込むことそのものに抵抗がある人も多いと思いますし、事前によく手洗いをしておくことは当然必要ですが、やってみるとその小回りの利き方に感動してしまいます。
そして、これがポイントなのですが、歯磨き粉は使いません。手洗いした後の指だけで磨きます。指の先端の腹だったり、指の長さ方向の側面を使って、歯と歯茎との間を攻めるように磨きます。歯茎のマッサージもします。

奥の方や、歯の裏側も結構よく届きます。歯磨き粉を使わないので、鏡で口の中を見ながら思う場所に指を命中させることができます。歯磨き粉を使っていたら、それで泡立ってしまい、命中させたい場所が見づらくなってしまうでしょう。

歯磨き粉には、歯を研磨する物質が配合されているそうなので、歯そのものを白く見せたいのであれば、歯磨き粉を付けた歯ブラシでの歯磨きもあわせて行うとよいと思います。
とにかく、指での歯磨き、おすすめですよ。

脱毛を考えている方はこちら⇒脱毛 日暮里

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です