総量規制でキャッシングを比較

借入額にこだわる方は、総量規制でキャッシングを比較してみましょう。
総量規制の適用となる業者は消費者金融です。
消費者金融を大別すると、街金、銀行系業者なども含まれます。
銀行系は銀行に属すると言われる方もいますが、間違いなく消費者金融に分類されます。
あと、クレジットカード会社、信販会社なども総量規制の対象です。
年収の3分の1までしか借りることができないので、年収300万円なら100万円が上限となります。
ここで注意したいのは、必ず100万円借りられるわけではないことです。
100万円が上限額であり、100万円超の借入れは無理ですが、100万円未満になることはよくあります。
なお、総量規制はすべての借入先を合算して考えるので、すでに年収の3分の1に達していれば、新規融資は受けられません。
総量規制を把握せずに闇雲に審査を受け続けても通らないので注意しましょう。
総量規制の対象外となる金融機関は、銀行、信用金庫、JAなどがあります。
金融機関のなかでも非営利の機関に関しては、総量規制の対象とはなりません。
すでに年収の3分の1以上は借りているけど、どうしても追加融資を受けたいという方におすすめの金融機関です。
総量規制はキャッシングやカードローンのために誕生した法律です。
車のローン、教育ローンなどは対象外となるので、年収3分の1超の借入れも問題ありません。
総量規制の対象となるのは、消費のために借りるローンだけなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加