「 2014年12月 」一覧

酒税が一律55円に!?

お酒を飲まれる方にはちょっと気になるニュースが入ってきました。

なんでも…お酒にかかる税金、いわゆる酒税が一律55円になるとの案が出ているそうです。一律55円と言ってもよく分からない方が多いと思うので説明します。

今現在の酒税は以下の通りになっています。

ビール…77円
発泡酒…47円
第3のビール…28円

これまでビールを販売する飲料メーカー各社は、酒税が引き上げられる度に麦芽比率などを落としながらも味をビールに近付けた発泡酒や第3のビールで対抗してきました。政治と企業のいたちごっこだった訳ですが、しかし、これによって消費者はかなり恩恵を受けたと思います。

そんなジャンルで分けられている現在の酒税を一律55円にしてしまうという、これまで飲料メーカーが頑張ってやってきたことを水泡に帰すような荒業をしようとしている訳です。

これまで高いビールが飲めず発泡酒や第3のビールを飲んでいた貧困層は価格が上がり、ビールを飲んでいた富裕層は価格が下がる訳です。

なぜこんなことをするのでしょうか。
今のままで良いと思うのは私だけではないでしょう。
全くこの法律の意図が分かりません。

そうでなくても、円安などによる食材価格の高騰、消費税増税などで一般家庭は大変だというのに、ささやかな楽しみであるお酒に対しなぜ意味のない一律55円などするのでしょうか。

本当に分かりませんね…。
ビールを飲む政治家にとっては良い法律ですが、
発泡酒や第3のビールで頑張って日々生活をしている人にとってははっきり言って悪法です。

もう少し国民がやる気になるような法律改正をして欲しいものです。
国民のテンションを下げて一体全体何がしたいのか…本当に分かりません。