「こつこつ」と無理なく貯金

”ちりも積もれば…”という言葉にあるように、
少しの金額でも継続して貯めることで気が付いたら結構な額になっていた!

そんな”ちりつも貯金”のススメをご紹介します!

その1『銀行の手数料はバカにならない!』

手持ちがなくなったらその都度銀行に行って出金する。
これを何度も繰り返すほどもったいないことはありません!
銀行に行くのは出来れば月に1度だけ!それも手数料の掛からない営業時間内がベストです。
後はその予算でやりくりできるように努力すれば、自然と節約しようという気持ちになるはずです。

その2『コンビニに行かない!』

24時間開いていて街のあちこちにあるコンビニ。
確かに急に必要なものを買いにいくには便利ですが、ご存じの通り魅力的な商品も沢山。
特に、女性にとっては美味しそうなスイーツやドリンク類など誘惑するものが溢れていますよね。
そしてついつい手が伸びて…また買ってしまった、という経験がある人も多いと思います。
これも、数百円程度の額ですが繰り返すうちにお金は減って無駄なぜい肉が増えちゃった!って事になりかねません。
コンビニはふらっと立ち寄るのではなく、必要な時にだけ行って必要なものだけを購入する!
これを徹底しましょう。

その3『つもり貯金』

個人的に、モチベーションが上がると思うのがこの『つもり貯金』です。
節約したらその分をしっかり貯金箱に入れて確保しておくことで、他で無駄遣いしてしまう事を防ぎましょう!
透明な瓶などに入れて中身が良く見えるようにしておけば、達成感も手伝ってますます『つもり貯金』したくなるはず。
ある程度たまったら銀行へGOです。

その4『小銭を整理する』

毎日夜寝る前に、お財布の中の小銭を貯金箱に移してキレイに整頓する癖をつけてみるのもおすすめ。
全て入れるのではなく、『500円玉以外』とか自分なりのルールを決めておくのがポイント。
苦しくない程度にしておくのが継続のコツです。

いかがでしたか?
一気に貯金しようと思うのではなく、毎日コツコツと小額でもいいから”確実に”貯める方法をご紹介しました。
早速今日から試してみて下さいね。

ところで、iphone7の情報が発表されましたね。
iPhone7が予約開始!ついに防水、FeliCa対応!カメラも大幅スペックアップ!
かなり魅力的な商品ですが、購入の際は本当に必要かどうか、どのように購入すると一番安いか、など十分に検討することで、無駄な出費を防げます。


主要消費者金融比較実行

本日は主要な消費者金融について、大手会社をいくつか改めて紹介しましょう。
この記事ではアコム、モビット、アイフルについて解説していきたいと思います。

・アコム
アコムは消費者金融の中でも特に知名度が高い会社です。
そのため、名前だけでも知っているという方が多いかと思われます。
アコムは最短1時間で利用することができるという、他社よりもずっと早くキャッシングできる会社です。
また、借入・返済システムもしっかりと整備されており、スムーズに手続きをすることができます。
30日間の無利息キャッシングというお得なサービスもあり、オススメな会社なのです。

・モビット
モビットは申込み方法が非常に便利となっています。
WEB完結申込みを利用すれば、すべての手続きをスマートフォンなどで済ませることができるのです。
そのため、申込みがスムーズに済ませられ、やはりスピーディーに借りられますのでオススメです。

・アイフル
アイフルは個人的な見方でいうと、各会社の良いところを平均的に兼ね揃えている会社です。
即日キャッシングもできれば、インターネット申し込みもあるといった感じです。
その反面、特筆すべき点を持たないといえるかもしれませんが、それでも一定以上の水準を保っていますのでやはりオススメです。

以上の三社はそれぞれキャッシングに適していますので、ぜひご利用ください。

闇金相談ネット|ヤミ金の被害・取り立てを解決するなら


キャッシングを使ってプライベートを充実させよう!

いやぁ、ちょっと自分の話になってしまうんですけど聞いて下さい。
実は僕ももう32歳、そろそろ結婚なんかを考えているんです!
というのは周りの友人がバンバン結婚していくんですよねぇ。いやぁまいったまいった。
10年前なんかは結婚なんて絶対しない!とか言ってたくせにいざこの歳になるとやっぱり結婚願望ってのが強くなっちゃいますよね。
そこで必要なのは何かって言ったらまずは相手ですよね。それで出会いの場を求めたんですけど、人と出会うのもお金ってかなり必要になってくることに気がついたんです。
例えば飲み会や合コンはもちろん、婚活パーティだったりもお金がかかっちゃいますよね。さらに男女が集まる場ってだいたい男の方が倍くらい払わないといけないんです…。
そしてデートにこぎつけることができてもやっぱり最初は男が払わねばなりませんしね。

いやいや、でもそれくらいのお金はなんとか捻出しなさいよ!とお叱りを受けてしまうかもしれませんが、最初に言ったように周りの友人が結婚しまくりなんです!
つまり、披露宴に出席することも増え出費が重なっちゃうんですよね。おまけに僕は最近会社近くに引っ越してきたばかり。
要するに…お金がないんです!さすがに楽天家の僕でもちょっと焦りますよね。
そこで僕は消費者金融のキャッシングを利用することにしたんです!最初はちょっと戸惑ったんですけど、いざ申し込んでみるととてもシンプルで分かりやすかったんです!
消費者金融でお金を借りたら彼女ができました!なんてことは相変わらず相手がいないので言えないのが残念ですが、それでも多くの出会いのチャンスを今は潰すことはなくなりとても充実してるなって思いますよ!
レディースキャッシング在籍確認マスター
こちらのサイトで色々消費者金融のキャッシングについて調べたのですが、情報量が半端無く、かつ分かりやすくキャッシングについて記載されているのでとてもオススメです!
僕みたいにお金を借りてとても助かったという人は多いと思うので、今キャッシングを少し躊躇している方は未来の自分への投資だと思って一歩踏み出してみてくださいね!


キャッシングはどんどん活用するべき

金融情報勉強会というブログを運営している訳ですが、このブログでも何度か書いているキャッシングのことについて今回も書いてみようと思います。
これまで、キャッシング業者の比較方法だったり、主婦でもキャッシング出来る方法など少しためになるキャッシング情報を書いてきました。
ですが、そもそもキャッシング自体あまり良いことではないんじゃないの…と思っている人が多いようなので、ここで一発キャッシングサービスというものについて語りたいと思います。

まず、キャッシングとはお金を借りるということで、通常お金を借りるには担保が必要となります。ちゃんぽんではありません、担保です。担保とは、もしもお金を返せなくなった時のために、借りたお金の代わりとなるもののことを言います。車だったり土地だったり、あるいは高級な時計だったり貴金属だったりと形態は様々です。

しかし、現在のキャッシングサービスは担保の必要がありません。信用情報という目に見えない情報だけでお金を貸してくれるという画期的なサービスなんです。また、仮にお金を借りたとしても一括で返す必要はなく、分割で返済することも可能です。いわゆるローンというものですね。無担保で借りれるというのに、分割で返済することも出来るって冷静に考えてみるとすごいと思いませんか?

お金なんて家族や友達から借りればいい…なんて若い人は思うかもしれませんが、歳をとってくると家族や友達にお金を貸してくれなんて言えなくなってきます。きっと歳をとればキャッシングサービスの有り難さを実感出来ると思いますよ。

よって、キャッシングのような便利なサービスはどんどん活用するべきなんですよね。
お金が無くて機会を損失しているような状況なら特にです。
昔のようなダークのイメージも無くなってきていますし、キャッシングはどんどん活用していって良いと思います。いざというときの為に保険として契約しておくのも良いと思います。


総量規制でキャッシングを比較

借入額にこだわる方は、総量規制でキャッシングを比較してみましょう。
総量規制の適用となる業者は消費者金融です。
消費者金融を大別すると、街金、銀行系業者なども含まれます。
銀行系は銀行に属すると言われる方もいますが、間違いなく消費者金融に分類されます。
あと、クレジットカード会社、信販会社なども総量規制の対象です。
年収の3分の1までしか借りることができないので、年収300万円なら100万円が上限となります。
ここで注意したいのは、必ず100万円借りられるわけではないことです。
100万円が上限額であり、100万円超の借入れは無理ですが、100万円未満になることはよくあります。
なお、総量規制はすべての借入先を合算して考えるので、すでに年収の3分の1に達していれば、新規融資は受けられません。
総量規制を把握せずに闇雲に審査を受け続けても通らないので注意しましょう。
総量規制の対象外となる金融機関は、銀行、信用金庫、JAなどがあります。
金融機関のなかでも非営利の機関に関しては、総量規制の対象とはなりません。
すでに年収の3分の1以上は借りているけど、どうしても追加融資を受けたいという方におすすめの金融機関です。
総量規制はキャッシングやカードローンのために誕生した法律です。
車のローン、教育ローンなどは対象外となるので、年収3分の1超の借入れも問題ありません。
総量規制の対象となるのは、消費のために借りるローンだけなのです。


酒税が一律55円に!?

お酒を飲まれる方にはちょっと気になるニュースが入ってきました。

なんでも…お酒にかかる税金、いわゆる酒税が一律55円になるとの案が出ているそうです。一律55円と言ってもよく分からない方が多いと思うので説明します。

今現在の酒税は以下の通りになっています。

ビール…77円
発泡酒…47円
第3のビール…28円

これまでビールを販売する飲料メーカー各社は、酒税が引き上げられる度に麦芽比率などを落としながらも味をビールに近付けた発泡酒や第3のビールで対抗してきました。政治と企業のいたちごっこだった訳ですが、しかし、これによって消費者はかなり恩恵を受けたと思います。

そんなジャンルで分けられている現在の酒税を一律55円にしてしまうという、これまで飲料メーカーが頑張ってやってきたことを水泡に帰すような荒業をしようとしている訳です。

これまで高いビールが飲めず発泡酒や第3のビールを飲んでいた貧困層は価格が上がり、ビールを飲んでいた富裕層は価格が下がる訳です。

なぜこんなことをするのでしょうか。
今のままで良いと思うのは私だけではないでしょう。
全くこの法律の意図が分かりません。

そうでなくても、円安などによる食材価格の高騰、消費税増税などで一般家庭は大変だというのに、ささやかな楽しみであるお酒に対しなぜ意味のない一律55円などするのでしょうか。

本当に分かりませんね…。
ビールを飲む政治家にとっては良い法律ですが、
発泡酒や第3のビールで頑張って日々生活をしている人にとってははっきり言って悪法です。

もう少し国民がやる気になるような法律改正をして欲しいものです。
国民のテンションを下げて一体全体何がしたいのか…本当に分かりません。


今も尚加速するRMT

RMTという略称をご存知でしょうか?
リアルマネートレードと言って主にネットゲームなどで使われる言葉です。

具体的にどういうものかというと、ゲーム上で手に入る武器やお金などを実際のお金で取引することを言います。ゲームというのは大人だけでなく、子供もやっているもので、そんな世界で実際のお金を使った取引がされているというのはちょっと衝撃ですよね。

オークションサイトなどを見てみると、ゲームに関する商品が多数出品されています。なかなか手に入らないレアカードなどは数万円~数十万円するものもあります。また、ゲームをやりこんでレベルがかなり高い状態のアカウントをそのまま売るというものもあります。

こういった個人間で取引されている間はまだ健全と言えるのかもしれませんが、お金が関わってくるところには犯罪は付き物で、RMTを主とした金銭的な目的での不正アクセスなどが後を絶ちません。

オンラインゲームというのは多くの人とのコミュニケーションをはかれる一方で、他人との比較や勝負などの要素も関わってきますので、これまでの家庭用ゲームとは全然違う世界観となります。

最近でも15歳の中学3年生の男子生徒が、あの有名なドラゴンクエストのサーバーに不正アクセスし、他人のアカウントを搾取するなどの事件が起こっています。中学3年生で大手企業のサーバーにアクセスするという、IT化が進む社会では脅威とも呼べる事件が現実として起こっているんです。

中学生といえば月々のおこずかいが何千円という年頃です。そんな世代がパソコンから多額のお金を動かすことが出来る時代…。今の尚加速するRMTに子供を持つ親御さんは注意しないといけないかもしれませんね。

この辺りの法律というのも今後一層厳しくなっていくとのだと思います。


比較サイトを利用し、自分にあったキャッシング業者を見つける

急な出費があった際には、審査時間が短く、即日融資が可能なキャッシングが役立ちますが、今では多くの業者があり、利用にあたってどの業者を選べば良いのかと悩んでしまう方も多いと思います。

利用するにあたり最も気になる金利も業者によって違いますし、借り入れ出来る金額の上限である利用限度額も違います。

また、どの業者も審査時間が短くなっていますが、その審査時間にも違いがあります。

そのため、利用する際にはこうした業者ごとの違いを把握し、自分にとって利用しやすい業者のサービスを選ぶことが大切です。

けれど、一社一社のサイトなどをまわり、その特徴を調べていては時間がかかってしまいます。

そこで、一度に複数社の特徴を比較出来、簡単に見比べることが出来るのでキャッシングの比較サイトです。

利用者に人気のある業者もランキング形式で一目で知ることが出来ますし、その他の条件も項目ごとに比べられるので、時間をかけずに自分に合った業者選びをすることが可能です。

お金借りる際にとにかく利息を抑えたいという方は、上限金利が最も低い業者を、今すぐに一秒でも早く借りたいという方は、審査時間がもっとも短い業者を、そして出来るだけ多く借り入れしたいという方は、借り入れ限度額が最も大きい業者をと、その人それぞれにあった条件に合わせた業者を見つけられます。

キャッシングの利用を考えている方は、利用前にこうした比較サイトを利用すると、より便利に利用することが出来ますので、一度サイトの方を覗いて業者の違いを把握しましょう。


今人気の投資、駐車場経営とは

儲かる投資はないか…
そんな質問の答えの一つとして言えるのが駐車場経営だと思います。

芸能人の中でも人気の投資らしく、あの檀蜜さんも駐車場経営をやっているようです。

まず駐車場経営の最も高いメリットはリスクが少ないということです。

店舗を構える訳ではありませんので初期投資も少なくて済みますし、仮に失敗したとしても基本的にはまっさらな土地な訳ですから解体費用などもかかりません。

参入しやすく止めやすいというのが駐車場経営の大きな利点と言えると思います。

つまり土地があり固定資産税を支払うだけで駐車場経営が出来てしまうということになります。

しかし、メリットだけなら誰でもやりますよね。
駐車場経営はメリットだけではありません。
もちろんデメリットもしっかりとあります。

それは、所得税の負担が大きいということです。

まず、駐車場自体は基本的には更地で出来ますので減価償却などがありません。
また、駐車場を運営していく上での必要経費もほとんどありませんので、単純に儲かった分だけ所得税として税金が持っていかれてしまう計算になってしまいます。

この辺りの節税が出来れば駐車場経営はかなり魅力的なビジネスなのですが、なかなかうまくはいかないものです。

但し、資本などが少なく、且つ良い場所を知っているという人にとってかなり良いビジネスであることは間違いありません。

最近街の中心部で駐車場が多くなってきているのも、このビジネスが儲かることの裏付けですし、土地を遊ばせておくくらいなら少しでも収入源になった方が良いという考え方のようです。

あなたの住んでいる街で無駄に空地になっている場所があるなら駐車場経営を勧めてみるのも良いと思います。

その場合はしっかりとコンサル料を頂きましょう。


電子マネーと実際のマネー

今の時代、スマホで買い物が出来たり、カードで改札を通れたり電子マネーがどこでも使える時代になりました。そんな電子マネーですが、実際のお金を10万円分持っているのとと電子マネーの残高が10万円あるとならどちらの方がお金を持っている感覚になるでしょうか。

おそらく、実際の10万円を持っている方がお金を持っている感覚になると思います。

電子マネーは確かに便利ですが、お金に対する感覚が薄れてしまうところに私は懸念を感じています。

例えば電車などに乗る際のスイカなどのカードは、最初にチャージで現金を入れるものの、その後は改札機での数字で残高を管理するようになります。実際のお金ではなく画面上の数字がお金となる訳です。今では電車で移動する際に料金がいくらかかるかというのは気にする人も減ったのではないでしょうか。残高がたくさん入っていれば改札で引っかかることはないだろう…そこだけ気を付けて乗っている人がほとんどだと思います。

つまり、電子マネーによりお金に対する意識が減っていると思うのです。

コンビニなどの支払いをスマホで行う…これもスイカのような感覚で残高があれば買うものの料金を気にせずに買っている人は多いと思います。

これからどんな場面でも電子マネー化が進み、お金に対する意識がどんどん減っていくかもしれません。それはかなり危険なことだと思いますし、電子マネーを使う今だからこそお金をしっかり意識する必要があると思うのです。

クレジットカードを利用しない人で、カードだと使い過ぎてしまうかもしれないから怖くて持たないという人は多いと思います。それは自分の性格を分かっていてそうしているものなのでそれで良いとは思うのですが、そんな人もスイカやスマホなどの支払いをしている人がいます。

現金でチャージした分しか使えないから大丈夫…とのことですが、本当に大丈夫でしょうか?

電子マネーはものすごく便利なものですし、今どき持っていない人を探す方が難しいですが、だからこそクレジットカードを持てなかったような心を持つべきだと思います。

お金の管理が出来ない人は、やはり電子マネーを利用することは慎むべきだと思います。